多頭飼育崩壊お宅から引き取ったニャンコ達で
猫カフェを始めました。



2016年の寒い冬のこと・・・


いつもの様に猫たちの餌やりに回っていると、暗がりの中、見かけない、年配の女性に目が止まりました。餌らしきものを置いて立ち去ろうとする後ろ姿に胸騒ぎを覚え、思い切って声をかけたところ、TNRを始めて10年、その間可哀想な境遇の子を引取り世話をしてきたが、里親を探す手段が無く途方にくれていると、反対に相談を持ち掛けられました。
きっと心の優しい方なのだろう、何か力になれればと後日お宅に伺うと・・・
その時に受けた衝撃は、今でもとても言葉で表すことができません。
彼女に連れ帰られた猫たちは、想像を絶する環境下に置かれていました。6畳ほどの、今にも傾きそうなプレハブハウス2棟に合計約30匹。扉を開けた途端すさまじい悪臭が鼻をつき、トイレも床も汚物まみれ、砂、餌がそこらじゅうに散乱し、その餌もまた、腐敗が進んで蝿がたかっている状態です。その女性は猫を助けたいという気持ちはあるものの、「生き物を適切に飼育する」という能力に著しく欠けた方だったのです。
知ってしまった以上放っておく事もできず、女性の了解の元ブログでボランティアを募ったところ、幸い数名の方が手を挙げて下さいました。よかった、これで少しは改善できると安堵したのもつかの間、私の前に立ちふさがったのは、越えがたい、厳しい現実の壁でした。

立地の悪さに加え、プレハブに隣接する福祉施設の職員の方が猫の存在を快く思っておらず、
トラブルを回避するため、通えるのは1週間の内施設側の指定するわずか二日だけ。
これでは掃除が行届くはずもなく、やきもきしている間に同じ部屋から5頭が連続して亡くなるという、最悪の事態が起こってしまいます。

ここにさえ来なければ、きっとまだ元気に走り回っていただろう命。やるせない気持ちで心が折れそうになる中さらに事態は悪化しました。
女性は複数の事業を手掛けており、前述の施設も彼女が運営しています。内情は火の車。多額の負債を抱え行き詰った彼女は、あろうことか、施設を土地ごと売りに出されてしまったのです。そこに猫たちが暮らしているのにかかわらず、です。
過酷な境遇に耐え、必死に生き抜いてきたのに、今度はその住処さえ奪われてしまう。

猫たちを救出したいという思いは関わった当初からありました。でも、その後はどうするのか?
こんなに大勢を養っていけるのか、新たな崩壊を生むだけではないのかなど、様々な不安に見舞われ、ずっと二の足を踏んでいました。

ですがこの一件で、私の心は決まりました。
保護するのも見捨てるのも全て自分の都合。逃げ出すこともできず、翻弄されるしかない命のことなど考えたこともない。そのような人の元に、これ以上猫たちを置いておくことはできません。。

もう、終わりにしよう。私が助けてあげる

女性は経済難から、猫を手放すことにあっさり同意しました。
とり急ぎ借宿に全頭を移しましたが、そこはいつ立ち退きを迫られてもおかしくなく、毎日が綱渡りのような状況で、治療が必要な子も大勢いて、一日も早く落ち着いた場所へ引越さなければなりませんでした。

探しても探してもこの子達を受け入れてくれる場所なんて中々見つからず、資金も無くて、精神的に苦しい日々が続きましたが、2018年3月22日に、たくさんの方の協力を経て、ニャンコカフェをオープンさせることが出来ました。

この子達の体調について

この子達は、劣悪な環境下で過ごして来た為、免疫力が低く、ちょっとした温度差で風邪を引いてしまいます。又慢性的に、くしゃみ・鼻水・目やにの症状が消えない子、口内炎の為、お口が臭う子も居ますが、みんな大切な命です。
他の方からみたら100%では無いかもしれないけど、精一杯この子達を愛し、適切な医療を受けさせています。
皆本当に可愛くて、一匹一匹性格が違います。笑顔と幸せをくれる子達です。
どうか温かい目で見守って頂けたら嬉しく思います。